MagSafe対応のiPhoneに固定して使えるワイヤレスモバイルバッテリー 「Anker PowerCore Magnetic 5000」

MagSafe対応のiPhoneに固定して使えるワイヤレスモバイルバッテリー 「Anker PowerCore Magnetic 5000」

ガジェット

Ankerから発売されているiPhone12シリーズ、及びMagSafe対応ケースに磁力で固定できるモバイルバッテリー「PowerCore Magnetic 5000」を紹介していきます。

Anker製品を購入したことがある人にはお馴染みのパッケージで届きます。

パッケージ内部には本体の他に「取扱説明書類」と「USB-C to Cケーブル」が付属しています。

本製品の基本スペックは以下の通り。

バッテリー容量5000mAh
本体サイズ約93×63×16mm
重量133g
USB-C出力最大10W(5V=2A)
ワイヤレス出力5W

iPhoneの背面に固定して充電しながら使うことが前提の薄型軽量設計。

その反面、出力に関してはかなり控えめで、ワイヤレス充電で5W、USB-C出力に関しても最大10Wに抑えられています。

iPhoneに固定する側の面はこんな感じ。

マグネットの位置がわかる模様が印刷されています。

本体下部には電源ボタンとバッテリー残量を示すインジゲーター、そして入力/出力対応のUSB-Cポートを搭載。

電源ボタンを押すと1番外側のインジゲーターが青色に点滅し、ワイヤレス充電機能がオンになります。

残り4つの白色のインジゲーターはバッテリー残量を表示します。

iPhone12 miniに実際に取り付けてみるとこんな感じ。

1番小さいiPhone12 miniに装着してもはみ出さない絶妙なサイズ感となっており、この組み合わせなら本体と合わせて約266g。

重ね持ちしてもなんとか片手で持てるかな?といった重量に収まります。

マグネットを活かしたワイヤレス充電がメインの製品ではありますが、周辺機器などを充電したい時はUSB-Cポートにケーブルを差して充電することも可能です。(10Wまで)

スポンサーリンク

まとめ

こんな感じで個人的に愛用している「Anker PowerCore Magnetic 5000」を紹介してみました。

外出先でもケーブルを使わずに充電できるのは非常に快適で、普段の外出程度ならこれ1つ持っていれば事足りることも多いので非常に便利だなと感じています。

唯一、残念な点を挙げるとしたら充電速度が遅い点。

せめてワイヤレスで7.5W、有線は20Wくらいの出力まで対応して欲しいところですが、サイズや重量とのバランスを考えると仕方のないところ。

以前、同様にMagSafe機構を使った中華製バッテリーを紹介しましたが、あちらと比較するとバッテリー容量が3000mAhから5000mAhに増えており使い勝手が格段に良くなっています。

また、リチウムイオンを使用した製品なので、信頼できるメーカーから発売されているという点も大きなメリット。

Amazonで3990円と決して安くはありませんが、iPhone12シリーズを使っている方全員にオススメできるモバイルバッテリーです。

▽関連記事