バッテリー持ちが良くなった理想の小型スマホ 「iPhone13 mini」レビュー

バッテリー持ちが良くなった理想の小型スマホ 「iPhone13 mini」レビュー

iPhone

新しく発売されたiPhone13 miniを購入してみました。

2年続けてminiを購入しているので軽く比較しながら紹介していこうと思います。

スポンサーリンク

iPhone13 mini スターライト

いつもの外装。パッケージを包むシュリンクが環境配慮とのことでなくなっていました。

付属品はUSB-C to LightningのケーブルとSIMピン、簡単な説明書といつものシールです。

ACアダプタは付属しておらず、USB-C対応のACアダプタを持っていない場合は別途購入する必要があります。

iPhone13 mini 外観

カラバリからホワイトがなくなってしまったのでスターライトを購入。

背面にはiPhone12シリーズ同様MagSafe対応アクセサリーを設置できます。

側面はそれぞれこんな感じ。

前作同様、右側に電源ボタン、左側にマナースイッチと音量ボタン、SIMスロットが配置されています。

本体上面には特に何も配置されておらず、底面にはスピーカーとLightningポート。

ポートは相変わらずUSB-Cにはなりませんでしたが、家ではワイヤレス充電、外出時はMagSafe対応のモバイルバッテリーが便利で、ケーブルはあまり使わないので特に気になりませんでした。

iPhone12 miniとの外観比較

iPhone12 miniのホワイトと並べてみるとこんな感じ。

フレームはやや黄色味ががっている様に感じますが、背面に関してはスターライトの方が寒色寄りで僕の中ではむしろ好きな白色になっていました。

ノッチ部分はiPhone12 miniと比較するとやや横幅が狭まっています。

狭まったからといって、特に新しく何かできる様になったわけではなく、少しアイコンが大きくなって見やすくなっただけ…

カメラユニットを比較してみるとこんな感じ。

iPhone13シリーズでは1つ1つのレンズが大口径化したため、斜めに配置されているほか、ユニット部そのものもやや大きく、そして分厚くなっています。

生体認証は顔認証のみ

生体認証はiPhone12シリーズ同様Face IDのみで、指紋認証はありません。

外出時はマスクを着用しているため、指紋認証が搭載されていないのは結構残念なポイントです。

カリフォルニアではもうマスクをしてないのかな?

iPhoneからのデータ移行は非常に簡単

iPhoneからの機種変更ならデータの引き継ぎも簡単に出来るようになっています。

バックアップをとってデータ移行するのは正直めんどくさいので、約1時間ほど隣に置いておくだけでデータ移行が完了するのは非常に楽だなと感じました。

新機能:フォトグラフスタイルの試し撮り

広角← →超広角

カメラもApple Store銀座で受け取った帰りに少しだけ使用してみました。

iPhone13 miniにはiPhone12シリーズ同様に広角/超広角カメラが搭載されています。

また、新たに「フォトグラフスタイル」というフィルター機能が搭載されていて、撮影前に好みの設定を選んでおくだけで様々な雰囲気の写真を撮ることができます。

リッチなコントラスト

鮮やか

暖かい

冷たい

試しに同じ場所で撮ってみた写真はこんな感じです。

個人的には冷たいの雰囲気が好みですが皆さんいかがでしょうか?

まとめ

こんな感じで受け取ったiPhone13 miniを簡単に紹介してみました。

iPhone12 miniを使っていた僕にとってあまり新鮮な部分はありませんでしたが、バッテリー持ちに関しては肌感覚でもかなり改善されているなと感じました。

小型のスマホという意味では値下げになった12 miniも狙い目ですが、バッテリー持ちを気にするならiPhone13 miniを選ぶのがオススメです。

iPhone13シリーズにオススメのアクセサリーはこちら