ビジネスに最適な定番多色ペンに待望のメタルグリップ版が登場!「ジェットストリーム4&1 Metal Edition」

ビジネスに最適な定番多色ペンに待望のメタルグリップ版が登場!「ジェットストリーム4&1 Metal Edition」

文房具

三菱鉛筆から新たに発売された「ジェットストリーム 4&1 Metal Edition」を購入してみたので紹介していきます。

「ジェットストリーム4&1 Metal Edition」はビジネスシーンを中心に根強い人気を誇る「ジェットストリーム4&1」のグリップと消しゴムキャップにアルミ素材を使用した製品です。

価格はボールペンにしてはやや高めの1本2200円(税込)。

本体カラーは仕事などでも使いやすいシンプルなモノトーン系のガンメタリック、アイスシルバーに加えて、落ち着いた色味のダークグリーン、女性でも使いやすいピンクゴールドの4色展開です。

スポンサーリンク

従来の4&1との比較

Metal Editionといっても、グリップの金属パーツがアルミ製に変わっているため、むしろ従来の4&1より2〜3g軽量にできています。

数値で測るとたった2〜3gの差ですが、手にとった時の体感的には「あっ、軽い!」と感じるくらいの差があります。

また、従来の4&1のグリップ部分は個人的に太すぎるといった印象でしたが、本製品ではグリップ部分が細くなって、握りやすくなりました。

滑らかで書きやすいジェットストリームインク搭載

4色のボールペンには滑らかな書き味でお馴染みの「ジェットストリームインク」を搭載しています。

シャープペン、及びインクの太さは0.5mmで、ポールペンに関しては好みに合わせて別売りの多色用0.38/0.7/1.0mmの替え芯や、ジェットストリームエッジ用0.28mmの替え芯に変更可能です。

(ただし、0.28に関しては多色ペンの構造上ペン内部で角度が付いてしまうため、若干書きにくくなってしまいます。)

アルミパーツを使用したメタルグリップと消しゴムキャップ

本製品最大の特徴である削り出しのアルミパーツを使用したグリップ部分はこんな感じです。

グリップ部分は独特なローレット加工が施されていて非常にホールド性に優れています。

消しゴムキャップもグリップ同様に存在感のあるアルミ製のものが使われています。

また、アルミ製のグリップとキャップは従来の4&1の軸と互換性があり、メーカーは推奨していませんが組み替えて使用することも可能です。

ビジネスにもプライベートにも最適な1本

こんな感じで新しく発売されたジェットストリーム 4&1 Metal Editionを簡単に紹介してみました。

これまでの4&1は便利な事務用品と言った印象を拭えませんでしたが、本製品はプライベートでも使いたいと思わせてくれる洗練された一本となっています。

個人的にはローズゴールドの色味がかなり好みで、中の芯を全て0.38mmに換装して使用しています。

従来の4&1を使っている人はもちろん、今まで太いラバーグリップが苦手で使ってこなかった方にもオススメできる製品なので是非一度チェックしてみてください。