本体を折って芯を出す一風変わったボールペン、コクヨ「ミストラル」

本体を折り曲げると芯が出ます。

ノック式や回転式、キャップ式の他にこんなペンがあるのか…

とある文具店でたまたま見つけて購入した、軸を折って芯を出す一風変わったボールペン「ミストラル」が面白かったので紹介します。

面白い機構の文具にありがちな安っぽさがなく、4Cリフィルにも対応した実用的なボールペンです。

ノックの代わりに軸を折って芯を出すボールペン

軸の部分は真鍮製で、色はシルバーとパールクリアの2色展開。それぞれボールペン、シャープペンの2種類が存在しています。

最大の特徴は本体を折り曲げることで持ち替えることなく、ペン先の出し入れができるボディノック方式を採用している点です。

一般的に主流ではありませんが、使いにくさを感じることはなく、使っていて面白い機構なので気に入っています。

中の芯は互換性の高い4Cリフィルなので、ジェットストリームなどの好みのインクを選んで使うことができます。

僕は現在、定番のジェットストリーム(200円程)のインクを使用しています。

しかし、4Cのジェットストリーム替え芯は1本200円程とランニングコストが悪いので、次は半額ほどで手に入るアクロインキ等に変更するか迷っています。

まとめ

本体を折って芯を出す面白いギミックとは裏腹に、真鍮製で見た目の高級感も十分あり、機能的にも4Cリフィルに対応するなど実用性の高いボールペンです。

あまりお店では見かけないので、気になる方はアマゾン等のネットショップをチェックするのが確実だと思います。