「ページ」ではなく「行」にマークする栞「Book Mark pencil」

普通の栞は挟んだページを開いても、前回どの行まで読んだかまでは分かりません。

しかし、この「Book Mark pencil」は読み終えた「ページ」ではなく、「行」にマークすることができるので、開いてすぐに続きを読み始めることができます。

また、本の他に週間手帳の「今日」をマークするのにも便利なのでその点も踏まえて紹介していきます。

行にマークする栞

無印良品などでお馴染みのポリプロピレン製。厚さ2mm、重さ0.7gなのでつけたままでも本を読み進めることができ、紙に負担がかからないように配慮されています。

本体は鉛筆の形をしていて、ペン先の部分が読み終えた行を指すように挟むことで、次回読み始める時にスムーズに続きを読むことができます。また、芯の部分には行の始まりが見える窓が開けられています。

クリップタイプの栞は紙1枚に挟んで使うためズレてしまいそうな印象がありますが、薄めの紙1枚(トモエリバー)に挟んでもズレにくかったので、一般的な本に挟んでズレてしまうといった心配はなさそうです。

週間手帳に使えば今日の予定が一目でわかる

個人的にオススメな使い方は、画像のように週間レフトや週間バーチカル手帳の「今日」をマークする使い方です。

栞があるページを開くと今週のページが開き、栞の指す部分を見ると瞬時に今日の予定を確認することができるのがとても快適で気に入っています。

まとめ

「Book Mark pencil」はページではなく行をマークすることで、中断したところからすぐに読書を再開することができる便利な栞です。

手帳の栞として挟んでその日の予定を速やかに確認したり、資料などの大事な部分をピンポイントで指し示したりと、シンプルゆえにアイデア次第で応用が利く製品なので、気になる方は是非チェックしてみてください。

>公式サイトでこの製品を見てみる