玄関や仕事場で便利な段ボールの開梱に特化した専用ハサミ 「ハコアケ」

コクヨから発売されている箱を開けるのに特化したハサミ「ハコアケ」を紹介します。

この製品はテープを切ってもベタつかない3Dグルーレス構造刃と、カッターのように貼られたテープを切るハコアケモードを搭載した名前の通り箱の開封に特化したハサミです。

玄関先に置いておけば、これ1つで荷物が届いてすぐに荷造り用のひもを切り、カッターのようにテープを開け、商品についたタグを切るといった一連の流れを行うことができます。

 


他の文房具を探してみる


開梱専用ハサミ ハコアケ

ハサミ本体の他に、使用しない際に収納する専用のケースが付属しています。しっかりと収納できるので抜け落ちる心配はないですが、少し取り出すのが面倒な作りになっているのが気になります。

 

オススメは通常のステンレス製のモノではなく、通常のハサミより刃が摩耗しにくいチタンコーティングが施されたモデルです。理由は構造上刃の先端を使ってカッターのように切るため、先端部分の刃が摩耗してしまうとテープを切りにくくなってしまう可能性があるからです。

また、カッターナイフのように刃先を折ることもできませんし、少し刃先を出して切る構造上、ハサミのように研いでしまうと使えなくなる可能性もあります。そのため、使用頻度が高いのであれば摩耗しにくいチタンコートをオススメします。あと単純に見た目もカッコいいので。

刃に施された段差は3Dグルーレス構造といってテープを切った際に刃がベタつかないようにするこの製品にぴったりの加工です。

スイッチをスライドしたままハンドルを握ると刃の少し窪んだ部分から反対の刃が少し出てくるようになっています。これをカッターのように使ってテープ類を切ったり、宛名などのラベルをはがしたりすることができます。

(非推奨)カッターナイフとしてコピー用紙を切ってみた

メディアなどで「カッターにもなるハサミ」といったキャッチコピーで取り上げられていることもあり、本当にカッターとして使えるの?と気になっている方がいるかもしれないので、コピー用紙をハコアケモードで切るとどうなるかも試しに実験してみました。

結果は「コピー用紙1枚なら切れなくもないかも」といった感じです。2枚目のコピー用紙は切り抜けていなかったので厚い紙などは間違いなく無理です。

この製品は段ボールの開梱作業における「切る」を解決するハサミ「ハコアケ」であり、カッターナイフではありません。感覚的には糸切りばさみで布を裁断しようとしている感じでした。

まとめ

「ハコアケ」は玄関や仕事場などを定位置として置いておくことで流れるように開梱作業を行うことができる通販の時代に適応したハサミです。

日常的に開梱作業を行うなら1本持っておきたい製品になっているので通販のヘビーユーザーや荷受けなどの仕事をしている方はぜひチェックしてみてはいかがでしょうか。

 

 


他の文房具を探してみる