スティック型でも快適な操作性と切れ味を実現した携帯はさみ 「フィットカットカーブ ツイッギー」

PLUSから発売されている携帯はさみ、「フィットカットカーブ ツイッギー」を紹介します。

この製品は独自のスマートハンドルやベルヌーイカーブ刃を採用することでスティック型の携帯はさみの欠点であった使いづらさを解消した製品です。

筆箱の中に入れておくだけで書類を切るのはもちろん、封筒の開封やスーツのほつれ取りなど色々な場面で活躍します。


他の文房具を探してみる


今回紹介するのはミニマルな印象のあるホワイト。カラーは計7種類ラインナップされていてホワイト以外はツートンカラーでオシャレな外観になっています。

サイズ感は4色の多色ペンと同じくらいの長さ、太さでクリップなどはついておらず本体下部にストラップホールがついているだけのシンプルなデザインになっています。

 

根元から刃先まで切れ味の変わらないベルヌーイカーブ刃

一般的にはさみの刃はまっすぐなので先端に近づくにつれて刃の角度が小さくなり切れ味が悪くなってしまいますが、この製品の刃はカーブ形状になっていて常に同じ角度をキープすることで、根元から刃先まで滑らかに切ることができるようになっています。

加えて刃渡り42mmと携帯型としては比較的長い刃を採用することで、封筒の開封など長さのあるものを切る際も快適に切り進めることができます。

片手で簡単に使えてロックもかかるスマートハンドル

キャップを外すとこんな感じ。万が一カバンの中などでキャップが外れてしまってもロックがかかっているので誤って何かを切ってしまうことはありません。

ロックを外すとこんな感じ。ハンドルを刃の方向へスライドするとロックが解除されてはさみとして使えるようになります。

ハンドルは裁縫の糸切りばさみを使うような感じに操作します。ハンドルを握るのが病みつきになるくらい操作性は良好です。

ハンドルを閉じて、刃の反対側へスライドするとロックがかかります。仮にロックをかけ忘れてもキャップを閉じると自動でロックがかる構造になっています。

まとめ

外出時に持ち歩きやすい携帯用はさみの中では使いやすさと切り心地に優れていて、出先でちょっとした書類などを切る際や、衣服のほつれ糸を切るのに最適な製品です。

また、テープ類など粘着物を切ることが多い場合はベタつきにくいフッ素コートを施したタイプがオススメ。

個人的な印象ですが、就活の説明会等で配布資料にくっついた選考の予約票を切る際にはさみをもっていない人が多かった印象があります。足りなくなってとっさに撮った証明写真や、スーツのほつれ取りなど色々役に立つので就活生は携帯はさみを一本持ち歩くことをオススメします。

 

 


他の文房具を探してみる