2枚目の名刺に最適。複業時代の薄い革製名刺入れ「CARDRIDGE dünn」

「働き方改革関連法」のもとで政府が副業・複業を促進を図る時代。副業や趣味で2枚目の名刺を持ち歩いている方も増えてきているのではないでしょうか。

2枚目の名刺を持ち歩くための薄い名刺入れを探している方にオススメしたいのがロンド工房から発売されている「CARDRIDGE dünn」です。

薄さ僅か5mmの革製名刺入れ

CARDRIDGE dünn」 は厚さ1mmと非常に薄い本革製の名刺入れです。

価格は2300円+税と革製名刺入れとしては手ごろで、僕が購入したブルーブラックの他にも10色以上のカラーバリエーションが存在します。

収納できる枚数は約5枚と少なめで営業マンがメインとして使うには少し物足りませんが、手帳やスーツのポケットなどどこにでも入れておける薄さなので予備の名刺や副業・趣味の2枚目の名刺を持ち運ぶのに最適な名刺入れです。

取り出し口は名刺を取りやすくするために丸くカットされているのでスムーズに名刺交換を行うことができます。

2枚目の名刺の持ち歩きに

趣味や副業で2枚目の名刺を持っている方にオススメなのがこの使い方です。僕も今後ブログ用の名刺を作りたいと思っているので購入しました。

本業と副業で2つの名刺入れを持ち歩くとかさばってしまい、1つの名刺入れに一緒に入れて持ち運ぶと区別が付きにくくなってしまいます。しかし非常に薄い「CARDRIDGE dünn」を使えば分けて持ち歩いてもかさばりません。

予備の名刺入れとして

名詞の交換頻度の高い営業職の方にオススメなのがこの使い方です。予備の名刺をスーツや手帳に忍ばせておけば名刺切れによるビジネスチャンスの喪失を避けることができます。

交換頻度が低いならメインの名刺入れとしても

普段の名刺交換の頻度が低い内勤の仕事をしている方で、わざわざ名刺入れを持ち歩くのは面倒だといった方にオススメなのがこの使い方です。薄型の「CARDRIDGE dünn」を仕事着や手帳などに忍ばせておくだけで、突然の名刺交換にも対応することができます。

まとめ

簡単に「CARDRIDGE dünn」を紹介してみました。収納枚数は少ないですが、とにかく薄くてかさばらないのが魅力的な革製の名刺入れです。

 趣味や副業で2枚目の名刺を持ち歩いている人は是非チェックしてみてください。

 

 


他の雑貨を探してみる