iPhone 8のオススメのアクセサリ 「純正レザーケース」と「覗き見防止ガラスフィルム」

3月末のキャンペーン終了間際にiPhone 8に機種変更しました。

 

以前利用していたiPhone 6やXperia X Compactで時より指紋を読み取ってもらえずロックを解除するのに苦労していましたが、iPhone 8のTouch IDは爆速で指紋認証の使い勝手がとても向上しています。

余談ですがXperia X Compactの場合はスマートロック機能を利用することでワイヤレスイヤホンやスマートウォッチと接続している間はロックがかかってない状態にできるというお気に入りの機能があるのでワイヤレスヘッドセットやスマートウォッチを使っている人は設定で是非試してみてください。

iPhoneといえば無数のアクセサリが存在し、自分好みに使うことができることが魅力の一つ。その中で僕が使っているお気に入りのケースと保護フィルムを簡単に紹介していきます。

Appleの純正レザーケース

アップル製品利用者の比較的多いとされる日本でも電車でiPhoneを使っている人はよく見ますが純正のケースを使っている人は正直あまり見ません。(少なくとも関西では)

カラーバリエーションも13色と豊富で純正品ならではのフィット感とヨーロピアンレザーの手にしっくりくる感じがとても良く革製品特有の経年劣化を楽しめる製品になっています。

ボタン部分にはアルミニウムのパーツが取り付けられておりとても押しやすいのですがマナースイッチだけは少し使いにくくなります。これも普段使うことが少ないのであれば誤動作防止に一役買ってくれます。

また、裏地はマイクロファイバーでできているのでガラスになった背面を傷つけることもありません。

覗き見防止ガラスフィルム

覗き見防止フィルムはプライバシー的には良いが画面が暗くなってしまうモノが多く、気になってすぐに使わなくなってしまったと言った経験はありませんか?

僕が購入したのはAmazonで○○円と比較的手頃な価格で全面保護かつ覗き見防止のガラスフィルムです。手頃と言っても100均にガラスフィルムが売ってる時代なのですが。

使ってみて一番驚いたのは正面から見たときの普通のフィルムと変わらない透過性です。覗き見防止などの付いていない光沢フィルムと比較しても遜色ないです。

横に向けていくと段々画面が見えなくなり、ある程度傾けると真っ黒になります。(画面は点灯した状態で撮影しています)

また、全面保護のガラスフィルムで稀にあるケースとの干渉も純正レザーケースとは干渉していないので基本的にケースとの干渉は起きないと思います。

まとめ

機種変更を機にあまりケースは付けない派だったがアクセサリを購入してみました。レザーケースは使っているうちに革製品らしい使用感が出て来ると思うのでそれも楽しみです。

両製品の互換性や組み合わせたときの使用感がよく、レザーケースの淵が干渉はしないが0.33mmのガラスフィルムよりも高さがあり、ケースとフィルムの境目の一体感もあるのでガラスフィルムの淵が欠けるといったことも軽減できそう。

レザーケースはApple公式やヨドバシカメラなどの量販店で5800+税とそこそこ値がするのでケースを選ぶためにiPhoneを購入した人には向かないかもしれませんが、裸運用してる方や、ケースの拘りがあまりない方には装着感が良くオススメです。

また、覗き見防止ガラスフィルムはAmazonで1400円程度ながら視認性と覗き見防止が高いレベルで両立されているので外でスマートフォンを使うことの多い方にオススメです。